メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
出版労連「個人情報保護指針」について

 日本出版労働組合連合会(出版労連)は、出版関連産業で働く労働者の生活と権利を守り、その社会的地位の向上をめざすとともに、平和と民主主義を守り、思想、言論、出版の自由のために活動してきました。そうした立場から、個人情報保護法は団体・個人の表現活動を規制するものであるとのスタンスを保ちつつ、以下の方針をすすめていきます。 出版労連が要求実現などの組合活動をすすめる上で、氏名・住所・電話番号・Eメイルアドレスなどの個人を特定できる情報が、組合員のみならず出版労連にとっても重要な情報であることを認識しています。さらに、個人情報を適正に利用し、保護することが社会的責務であり、組合運動を前進させていく上での基本であると考えています。 
 出版労連は、個人情報の適正な取り扱いを確保するため、以下の方針に基づき厳格におこなうものとします。



 個人情報保護方針 

組合員個人情報の利用範囲 
 出版労連の組合員個人情報は、賃金・労働条件向上など諸要求闘争や組織拡大運動、福利・厚生・健康をはじめとした相互扶助制度=出版共済活動、各種相談活動、平和・憲法擁護、言論・出版の自由を守るとりくみ、制度要求諸闘争や自主的・自覚的な活動をはじめ、集会や会議の催事・参加など、組合運動全般と組合内の諸活動で利用する以外は、利用目的を明確にし、組合員の同意を得た上で、適正な範囲で取扱うものとします。 

 個人情報の収集・利用・提供および守秘義務 
 出版労連は、個人情報の収集・利用・提供・扱い期間においては、規定に従い適切に取り扱います。 
 また、個人情報の処理を外部委託団体(組織等)に委託する場合は、外部委託団体(組織等)を適切に選別し、個人情報に関する秘密保持に努めるよう契約によって義務づけます。 

  組合員情報の提供・開示 
 出版労連は、組合員の個人情報は、以下に該当する事項を除き第三者への提供はおこないません。 
(1)事前に組合員から同意・承諾を受けた情報。 
(2)法令の規定による場合。 

  利用目的の通知・公表 
 出版労連は、1項で示す利用目的を組合員に通知・公表するにあたっては、本部事務所の掲示板、出版労連ホームページ上などに掲載します。 

  安全対策の実施 
 出版労連は、個人情報の正確性および安全性を確保するための安全対策を実施し、個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の予防につとめます。そのための規定を整備し、役職員に周知徹底します。 
 
法令・規範(コンプライアンス)の遵守
 出版労連は、個人情報の取り扱いにおいて、個人情報保護に適用される法令および規範を遵守します。

  情報の開示・訂正等
 組合員より出版労連が保有する個人データの開示、訂正もしくは削除、利用提供の拒否を求められたときは、本部書記局への本人申請により、本人確認などの手続きなど社会通念や慣行に照らして合理的な範囲で対応します。

  問い合わせ先 
 出版労連個人情報保護方針など個人情報についてご質問のある方、または個人情報に関して不備などを発見された方は、出版労連本部書記局までご連絡ください。 

  電話:03-3816-2911 FAX:03-3816-2980
プリンタ出力用画面 友達に伝える
検索
(C)・出版労連 / プライバシーポリシー